食育のこと

プレイイングリッシュ安城保育園の食育への取り組み

毎日の「おいしいね」を大切にしながら
「有機野菜・無添加加工品」のオーガニック給食を導入しています。

味覚の成長が著しい乳幼児期にこそ特に大切なことが「正しい味覚」を身につけることだと私たちは考えます。昨今、様々な添加物やうま味調味料が多く使われた食事を口にする機会が増えていますが、これらの食品をたくさん食べることで、添加された「うま味の濃い味」でないと「おいしくない」という味覚を身につけてしまいます。子どもたちの「自然のものをおいしいと感じる味覚」を育てるためには、「自然のもの」「旬のもの」を日々の食事で味わい、その食体験を積み重ねることが大切だと考えています。うま味調味料がたっぷり入った既製の煮物ではなく、鰹と昆布のだし汁で炊いた煮物を美味しいと感じられる。その味覚こそが「正しい食事を選ぶ力」の土台となると考えるのです。子ども達が成長し、自分で食事を準備することになったとき、「自分の体に良いもの」「自分の体に必要なもの」を自分の力で選択できるようになるために、私たちは、皮むきからすべて手作りの自然な給食を通して、子どもたちの「自然のものをおいしいと感じる味覚」を育てます。

プレイイングリッシュ安城保育園の食育を基本とした給食

和食を中心としたお野菜たっぷりの献立

当園の献立は、和食中心でお野菜たっぷり、旬を感じる献立です。毎日の給食では、様々な旬のお野菜や食材・料理が登場します。子ども達は、日々の給食の中で、自然と多くの種類の食べ物や料理を味わい、「ご飯、汁物、主菜、副菜」というバランスの良いお食事をする経験を積み重ねることができます。
 
日本の郷土料理を給食でお出ししています

日本各地の郷土料理を給食でお出ししています。日本各地にはその土地その土地の地形や風土に根ざし、愛されてきた素晴らしい郷土料理があります。郷土料理は決して派手なお料理ではありませんが、様々な日本各地の料理に出会い、発見を楽しんだり、食文化への関心・気づきを引き出します。
 
子どもたちが育てたお野菜を給食でお出しします

畑やプランターで子ども達が育てたお野菜などを、積極的に給食で使用しています。普段は大嫌いだったトマトも、きゅうりも人参も・・・自分たちで育て収穫したお野菜は驚くほど美味しそうに食べてくれます。自然の恵みと働くことの大切さ、いのちの大切さを感じながら食に対する感覚を豊かに育みます。
 
毎月クッキング保育を行っています

園内で子どもたちが実際に調理をするクッキング保育。五平餅や焼き芋など本格的なお料理だけでなく、たとえば、「エンドウ豆のさやだし」「トマトのへた取り」「お米とぎ」「野菜の皮むき」といったカンタンなものでも、子ども達は料理に関心を持ち食事への愛着を深めます。
 

食事について

当園は、完全給食です。9時と15時と17時半には、おやつをお出ししています。
 
⇒給食費・おやつ代は保育料金に含まれています。
 
給食は栄養士の指示のもと、給食室にて手づくりしています。
0才児のお子さんへは、ミルク・離乳食を月齢や個人差、体調をみて進めていきます。
アレルギー等で配慮が必要と診断されている場合は園へご相談ください。医師の指示に従い、調理担当者とと
 もに配慮していきます。医師の診断書のご提示をお願いします。
自分で食べることができる、また嚙む力が身についているお子さまには、お楽しみ献立付き完了期給食です。
離乳食後期は、全ての食材が細かく、また柔らかくなっています。
離乳食初期中期は、完了期、後期のお友だちの給食を見ながら、食べる意欲も増しつつお食事好きになっても
 らえる献立です。一人ひとりの成長に合わせた離乳食を、ご家庭と連携をとりながらゆっくりと進めていきご
 提供しています。
 
プレイイングリッシュ安城保育園
〒444-1154
愛知県安城市桜井町北阿原下48-2
TEL.0566-93-4152
FAX.0566-93-4153
2019年5月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31