食育について

食育への取り組み

毎日の「おいしいね」を大切にしながら
JAS認定の有機野菜・無添加加工品を使用したオーガニック給食を導入しています。

味覚の成長が著しい乳幼児期にこそ特に大切なことが「正しい味覚」を身につけることだと私たちは考えます。昨今、様々な添加物やうま味調味料が多く使われた食事を口にする機会が増えていますが、これらの食品をたくさん食べることで、添加された「うま味の濃い味」でないと「おいしくない」という味覚を身につけてしまいます。子どもたちの「自然のものをおいしいと感じる味覚」を育てるためには、「自然のもの」「旬のもの」を日々の食事で味わい、その食体験を積み重ねることが大切だと考えています。うま味調味料がたっぷり入った既製の煮物ではなく、鰹と昆布のだし汁で炊いた煮物を美味しいと感じられる。その味覚こそが「正しい食事を選ぶ力」の土台となると考えるのです。子ども達が成長し、自分で食事を準備することになったとき、「自分の体に良いもの」「自分の体に必要なもの」を自分の力で選択できるようになるために、私たちは、皮むきからすべて手作りの自然な給食を通して、子どもたちの「自然のものをおいしいと感じる味覚」を育てます。

食育目標

★お腹がすくリズムのもてる子ども
保育園では午前中の散歩などでしっかりと体をつかってあそび、給食の時間にしっかりとお腹が空くような保育を行っています。散歩の帰り道に「お腹が減ったね」「今日の給食は何かな?」などそんな何気ない日々の関わりを通じて、給食の時間にはしっかりとお腹がすくリズムの形成へと取り組んでいます。
★食べたいもの、好きなものが増える子ども
大人にとっても記念日の食事は楽しみなように、子どもにとって特別な日のメニューはとても重要な意味をもちます。乳幼児期は食事によって今日が特別な日だと感じるといっても過言ではありません。保育園では、季節の行事の日やお誕生日会などの特別な日に、見ているだけでも楽しくなるようなメニューを用意しています。
★一緒に食べたい人がいる子ども
現在ひとりぼっちで食べる「孤食」やみんなが別々のものを食べる「個食」が問題になる中、仲のよい友達や先生と一緒に楽しく食べる習慣は、今後の食生活を営んでいく上でとても重要なものになります。保育園では、給食の時間をしっかりととり、クラスみんなで会話をしながら楽しく食べることを大切にし、「みんなでたべることはたのしい」という事を、日々の生活の中で当たり前に感じられるよう配慮しています。
★食事づくり、準備にかかわる子ども
プレイイングリッシュ安城保育園では、近隣の方のご厚意にてお借りしている畑やプランターなどで四季折々の菜園活動を楽しんでいます。また、毎月ある調理保育は、「食材の色や形」「切ったり焼いたりする音」「焦げたにおい」「おいものゴツゴツ感」「自分で作った料理のおいしさ」など、視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚の五感すべてをつかった活動です。みんなで楽しく調理をすることで、食に対する興味が深まり、好き嫌いを減らすきっかけにもつながっています。
★食べものを話題にする子ども
保育園や家庭にて、食材・メニュー・味など食事に関わる会話を通じて、食べることの楽しさを感じるとともに、自分の体を大切にする気持ちも育てていければと思っています。保護者の方へは、保育園でお子様がどのような雰囲気の中、どのようなものを食べているかを知っていただくことがとても大切だと考えています。そのため保育園では、毎月カラフルな献立と給食だよりの発行を行っています。さらに、ブログ形式で、給食のメニューや給食の様子、菜園や調理保育の様子などをお伝えしています。ぜひご覧になってください。

食育を基本とした給食

★和食を中心としたお野菜たっぷりの献立
当園の献立は、和食中心でお野菜たっぷり、旬を感じる献立です。毎日の給食では、様々な旬のお野菜や食材・料理が登場します。子ども達は、日々の給食の中で、自然と多くの種類の食べ物や料理を味わい、「ご飯、汁物、主菜、副菜」というバランスの良いお食事をする経験を積み重ねることができます。
 
★日本の郷土料理を給食でお出ししています
日本各地の郷土料理を給食でお出ししています。日本各地にはその土地その土地の地形や風土に根ざし、愛されてきた素晴らしい郷土料理があります。郷土料理は決して派手なお料理ではありませんが、様々な日本各地の料理に出会い、発見を楽しんだり、食文化への関心・気づきを引き出します。
 
★子どもたちが育てたお野菜を給食でお出ししています
畑やプランターで子ども達が育てたお野菜などを、積極的に給食で使用しています。普段は大嫌いだったトマトも、きゅうりも人参も・・・自分たちで育て収穫したお野菜は驚くほど美味しそうに食べてくれます。自然の恵みと働くことの大切さ、いのちの大切さを感じながら食に対する感覚を豊かに育みます。
 
★毎月クッキング保育を行っています
園内で子どもたちが実際に調理をするクッキング保育。五平餅や焼き芋など本格的なお料理だけでなく、たとえば、「エンドウ豆のさやだし」「トマトのへた取り」「お米とぎ」「野菜の皮むき」といったカンタンなものでも、子ども達は料理に関心を持ち食事への愛着を深めます。
 

昼食の提供について

昼食は自園で調理した給食となります。当社の管理栄養士・栄養士・調理士によって、アレルギー除去にも対応しております。使用食材は、JAS認定有機食材・無添加加工品を使用したオーガニック食材。産地の見える、安全で栄養価の高いものに配慮しております。
 
  • 0才児のお子さんへは、ミルク・離乳食を月齢や個人差、体調をみて進めていきます。
  • アレルギー等で配慮が必要と診断されている場合は、医師の診断書のご提示をお願いします。
  • 自分で食べることができる、また嚙む力が身についているお子さまには、お楽しみ献立付き完了期給食です。
  • 離乳食後期は、全ての食材が細かく、また柔らかくなっています。
  • 離乳食初期中期は、完了期、後期のお友だちの給食を見ながら、食べる意欲も増しつつお食事好きになってもらえる献立です。一人ひとりの成長に合わせた離乳食を、ご家庭と連携をとりながらゆっくりと進めていきご提供しています。
 
【食材の主な納入業者】
株式会社ビオ・マーケット ビオマルシェ名古屋
店舗:春日井市長塚町1-41
電話:0568-34-0775
FAX:050-37372323

おやつの提供について

おやつは自園調理のほか、無添加で安心安全にこだわった素材を使用したものを園で用意しております。朝9:00頃、午後3:00頃、夕方5:30頃の提供となります。
 
【小売りおやつの主な納入業者】
自然食品・有機米 かねこや
店舗:三重県松阪市新町830
プレイイングリッシュ安城保育園
〒444-1154
愛知県安城市桜井町北阿原下48-2
TEL.0566-93-4152
FAX.0566-93-4153
2019年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30